お知らせ

500名様に入浴剤無償配布支援プログラム第2弾
~入浴で免疫力UP!~

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
薬用入浴剤「湯躍(ゆやく)」を500世帯2,000浴分無償配布する支援プログラムにおいて、前回3月12日に実施した折には約半日間で募集人数を達成。たくさんのご応募ありがとうございました。
みなさまからのご要望の声に応えるかたちで再実施いたします。
今回はご応募者の中から抽選で500名様にお届けします。

一般社団法人HSPプロジェクト研究所 所長 医学博士 伊藤要子氏によると、健康の2大柱は、“ストレスを防ぐ”と“免疫力を高める”です。
HSP(ヒートショックプロテイン)はこの2つの作用を有しており、HSPを増加させることは健康寿命を延ばすことに繋がります。
HSPとは様々なストレス、特に熱ストレス(加温)で増加するタンパク質で、ストレス防御(ウイルス感染もストレスの一つ)、免疫力の増強、疲労の回復、疾患の予防、傷害を受けた細胞の修復等を行います。
HSPは熱の刺激(加温)で効果的に増加することから、同氏は体を温める加温を利用して“HSP入浴法”を確立しました。
日頃から湯船に浸かって入浴している人は、シャワーだけの人よりも体温が上がりやすく、HSPも増加しやすくなります。
また、血管拡張作用、血行促進効果がある入浴剤を使うと入浴時間の短縮ができます。
「特にウイルス感染予防に対する免疫力を高めるには“HSP入浴法”が効果的であるとホームページの「おしらせ」、「ブログ」にも記載されています。(HSPプロジェクト研究所:https://www.youko-itoh-hsp.com)」

別府温泉精製湯の花エキス基剤配合の薬用入浴剤「湯躍」は、温浴効果を高め、血行を促進し、“HSP入浴法”の効果を促す作用があります。

 

上記プログラムは終了しましたが現在はこちらの企画を実施しています。
「緊急事態宣言」発出に伴う特別企画特設サイト